INTERVIEW New graduate

 

もう、 ホイップクリームだって
怖くない。

Yuka I.

2014年入社
MOKUOLA Dexee Diner 新宿店
キッチン

ロコモコやロミロミなど伝統的なハワイアンローカルフードとパンケーキが自慢のお店でキッチンに立つ。入社2年目の現在は、一つひとつの作業のクオリティを高めることが目標。月ごとに変わる「マンスリーパンケーキ」のアイデアなど、メニュー開発にも挑戦中。

もう、ホイップクリームだって怖くない。
ホイップクリームは甘くなかった。

ホイップクリームは
甘くなかった。

配属先が決まったときは、いちばん忙しいお店と聞いて不安もありました。実際に初日は、てんやわんや(笑)。でも、キッチンに立たせてもらえたのが嬉しくて。キッチンのポジションには大まかに「料理の仕上げと提供」「焼き物」「揚げ物」「パスタとパンケーキ」があるんですが、まずは「料理の仕上げと提供」からやらせてもらいました。ところがパンケーキにホイップしたところ、ものすごく汚い仕上がりになってしまって。これでは提供できない、怒られる!と思ったら、シェフもアルバイトの子も温かくて。お手本を見せてくれつつ、もういちどチャレンジさせてくれました。けっきょく、初日はなかなか満足にはできなかったけれど、忙しさの中にも面白さ、やりがいを感じることができたんです。入社2年目のいまでは、4つのポジションすべてを任せてもらえるようになり、成長も感じます。ホイップですか?アルバイトの子に「美味しそう!」と言ってもらえる腕前になりましたよ。

白米パニックで知ったシェフの大きさ。

白米パニックで知った
シェフの大きさ。

お店は家みたいな感じです。とくにシェフは一緒にいる時間が長いので考えることや発言がかぶるほど。お父さんという年齢じゃないけれど、優しくて、頼もしくて、なんでも相談できる存在です。すごいなぁと思うのは、私がミスしたときでも、感情的に怒らず論理的に叱ってくれること。いちどご飯を炊くのを忘れてしまったことがあるんです。メニューのほとんどにご飯を使うので、頭が真っ白になりました。でもシェフは動じることなく対処。日頃から交流をはかっているほかのテナントさんにかけあってご飯を調達してくれたんです。そして「ミスしたことは仕方ない。次にどう行動するか。リカバーするかが大切だよ」と優しく諭してくれました。私がシェフになったとき、そんなふうに後輩たちをリードすることができるようになりたいな、と考えます。シェフのやり方を一つひとつ吸収して、後輩に大きな安心感を与えることができる存在になりたいですね。

経験のすべてが夢の糧になる。

経験のすべてが
夢の糧になる。

入社時に言われたことですが、社員全員がシェフや店長といった責任あるポジションを目指してほしいという会社の想いがあるそうです。私も、いつかはシェフになるのを目指しています。打診があるのを待っているだけでなく、新しい店舗ができたときには自分から手をあげて挑戦できるように、まずは今の仕事をしっかり自分のものにしたいですね。そしていつか、この環境で学んだことを活かして自分のカフェを持ちたいという夢があります。MOKUOLAという店舗を経験できたことで料理も仕込みから学べているし、状況にあわせて発注をコントロールする方法も勉強できる。とはいえ、今はまだどんなお店にしたいかの具体的なイメージを描き切れてはいません。将来のための経験をもっと積むために、MOKUOLAやDexeeDinerといったカフェ業態の、いろいろな場所の他店舗でも働いてみたい。経験の幅を広げるなかで未来の自分のお店像を明確にしていけたらと思っています。夢に向かって、一歩、一歩。急がず、焦らず、自分のペースで進んでいけたらいいですね。

募集要項(新卒採用)はこちら