JOIN US!

人を知る

OUR PEOPLE
ソムリエ

人とワインの幸せな一期一会を

W Omotesando -The Wine Hall-
2019年入社
ソムリエ

ソムリエとしての経験を積むために、BYOでワインを気軽に愉しめる「W(ダブリュー)Omotesando」を選ぶ。スタッフとお客様に刺激を受けながら、「あなたに選んでほしい」と言われるソムリエを目指す。

広い世界を見たくて、この店を選んだ

憧れの人がワイン好きで、ソムリエの試験を受けました。その時に勤めていた店はこじんまりとして1対1で接客するスタイル。でも、ワインが好きになればなるほど力不足を感じるようになったんです。お客様に最適なワインを選ぶには、ワインの知識も好みを聞き出すスキルも足りない。もっとたくさんの経験をしたいと思って、このお店に巡り会いました。ワインの種類が多くて、いろんなお客様がたくさんいらっしゃる。経験豊富なソムリエの先輩もいる。経験値をぐっと高めてくれるんじゃないかと思って入社を決めました。

ソムリエ

ワインを楽しんでもらうために自分を磨き、協力し合う

お店に入って驚いたのがチームワークの良さです。初めて接客ぶりを見た時はスムーズな連携プレーに感動しました。接客以外の時間もテイスティングの練習に付き合ってくれたり、レストランの情報を交換したり。誰もが勉強家で、その上でお互いにサポートし合っているんです。私も早く同じようになりたくて、休日には他のワインバーに行くなど独学もしながら、先輩にいろいろと教えてもらっています。「焦らなくていいよ」と言われますが、とにかくみんなに追いつきたいという気持ちが強くなっています。改めてこの店に来てよかったと思っています。

ソムリエ

「らしくないソムリエ」がいたっていいじゃない

童顔で小柄のせいか、ソムリエだというと驚かれることも多いです。最初はちょっと嫌でしたけれど、今は「ギャップ萌え」を目指しています。らしくないソムリエがすごい知識を持っていて、セレクトが的確だなんてかっこいいじゃないですか(笑)。理想は100発100中でお客様にぴったりのワインを選べるようになること。「あの人に選んでほしい」って言われたい。目指すべき先輩がいて、あれだけワインセラーにたくさんのワインがある。一日にあけるワインの本数が経験になるなら、こんなに早く成長できる場もないはず。濃厚な毎日を積み重ねて、理想に近づいていきたいと思っています。

ワインレストランW表参道の中途採用情報 ワインレストランW表参道のアルバイト求人情報